商品について > プラナロムについて > プラナロムの歴史

プラナロムの歴史  

 プラナロムの由来

・PRANAROM = PRANA + AROME
・PRANA(プラーナ)= 古代インドのヨガの教えで「気・生命力」
・AROME(アローム)= フランス語で「アロマ・芳香」

 プラナロムの歴史

プラナロム社は1980年に、ケモタイプという概念を提唱した創始者ピエール・フランコム(Pierre Franchomme)によって設立されました。

ピエール・フランコムは、この「ケモタイプ」つまり「化学種」という概念の重要性を化学的に証明することで曖昧さを排除し、医学的にも確実性のある論理的な現代アロマテラピーの発展に大きく貢献しています。

このケモタイプの概念を、プラナロム社のすべてのエッセンシャルオイルにわたって継承している薬学博士で現社長のドミニック・ボドゥー博士(Dr. Dominique Baudoux)は、アロマトロジストで薬剤師であり、全ての精油を化学分析し、ECの医師達と協力して治験例を重ね、成分と作用の因果関係を続々と立証しています。また200種類にも及ぶ、同社の全精油の品質基準と分析結果を公開してフランス式アロマテラピーを保険適用医療にまで導いたのです。

 フランス式アロマテラピー

フランスのアロマテラピーは、R.M.ガットフォセによって命名され、J.バルネによって医療として普及し、多くの探求者によって受け継がれてきました。

その歴史も、P.フランコムとD.ボドゥーの手によって開拓されたプラナロム社のケモタイプ精油の登場を得て、ついに真正な自然科学としての新たな展開を迎えたのです。

 ケモタイプの歴史

ケモタイプの歴史は、過去のアロマテラピーの反省から始まりました。従来のアロマテラピーには大きな問題点がありました。すなわち、

・同族名の芳香植物でも、種名が違うと精油の成分タイプが異なる
・同一植物でも、環境の違う土地に育つと精油の成分タイプが異なる

という点です。ひとつの芳香植物を1種類しか知らない時代のアロマテラピストは、一定のせまい地域に暮らしていたために、上記の2つの事に気付かない事が多かったのです。

時代が進み、ほかの土地との交流が盛んになっても、「Aという植物から採れた精油はAいう作用をするもの」という伝承だけを根拠としてといました。したがって、「Aという植物から採れた精油でもZの作用をするものがある」ことを知らないためにAの目的にZの作用をする精油を使ってしまうという誤りを犯していたのです。

ケモタイプは、この過去のアロマテラピーの反省から伝承されてきた方法論を洗い直すと共に、精油の作用と成分の関係の調査を開始したのです。例えば、オイル番号P-098〜102、ラベンダーの学名をご覧ください。属名(LAVENDULA)は同じでも後の種名などが全部違います。即ちケモタイプ・成分が違います。また、オイル番号P-178〜182、タイムの学名をご覧ください。全部、属名(THYMUS)・種名(VULGARIS)の両方が同じでも、CT=成分が違います。


image