商品について > 新着情報 > コラム

Column (コラム)

 どのブランドを選ぶべきか

初心者に限らず、プロフェッショナルのアロマテラピストでさえもがいつも悩む問題・・・

それは「最高の精油はどれで、それをどうやって見分ければよいのか」ということと「その使用目的に最適な精油を選択するための信頼できる方法はないか」という疑問です。

 選択すべき明確な根拠

国内外の精油メーカー各社は、一様に「当社の製品は最高です」と繰り返すばかりで、何がどう最高なのか、その意味や真実性の明確な根拠を確かめることは困難でした。

アロマテラピーに限っては、単に価格の安さや瓶の色、デザインなどで選ぶことは論外ですが、店頭でよく見かける商品であるとか、友人が使用しているなど、買いやすさや評判に頼るという方法は、残念ながらそれらの正当性を判断し、証明する基準にはなりません。

これから専門的にアロマテラピーを実践したいとお考えで、上記の疑問をお持ちの方に精油選びの共通基準について、従来の品質表示によるチェック方法の問題点や欠点を指摘することで、新たな世紀にふさわしいアロマテラピーのスタンダードをご提案します。

そして、そのスタンダードが、決して「プラナロム社だけの基準」に止まらないことも、きっとご理解いただけるでしょう。

 プラナロムの価格

「プラナロム社の精油は、確かに品質は最高だが価格が高い」とよく言われますが、それはいったい何故なのでしょうか。

私たちプロのアロマテラピストのみならず、これからアロマテラピーを実践したいとお考えの方々にもプラナロム精油をお薦めする理由はどこにあるのでしょうか。また、どうしてプラナロム社の精油を取り扱っている販売店が少ないのでしょうか。

これらの疑問にはすべて答えがあります。

 価格が高い理由

プラナロム社の蒸留植物は、自生植物を植え込み後は自然にまかせ、水や肥料は施さない自然栽培を主として行っています。

しかし、偏西風や季節風の影響で、農薬が飛来し汚染されることがあるため、単に有機栽培であることだけを強調した一般の精油とは根本的に異なり、 低圧で時間をかけ水蒸気で抽出する蒸留法を実施し、採油ロット毎にガスおよび液体クロマトグラフィーにかけ、さらにスペクトロメーターで質量までも分析しています。

プラナロム社の精油は空輸のみを採用していますが、一般的な輸入の途上には、赤道を通過する船舶、貨車、トラック、保管倉庫やコンテナ環境での温度や湿度の変化、振動や衝撃など多様な成分変化の可能性があります。

プラナロム社の精油は輸出入に要した成分の経時変化さえも考慮して輸入時点での成分分析もおこなっています。

さらに、2001年10月1日出荷分から精油のボトルに「輸入後分析シール」を、また精油の化粧箱には「PL法保険加入済シール」が貼付されるようになりました。

プラナロム社の高い品質は、こうした気の遠くなるような自然との関わりや、厳重な分析作業に支えられており、これらのコストの積み上げが原価に反映されています。

 いま、なぜケモタイプなのか

一般的に精油を選ぶ時に確認すべき表示項目と、それを基にした、いわゆる6項目チェック

1)ブランドと品質用語で選ぶ
2)純粋用語の表示で選ぶ
3)表示された植物名で選ぶ
4)植物の学名表示で選ぶ
5)産地名の表示で選ぶ
6)試香見本で選ぶ

による精油選びは、決して無意味な手順ではありませんが、問題はその「表示」と「証明」にあります。

 数値をともなった確かなデータ

一般的な精油は、選択のために十分な情報が与えられておらず、その内容が「自称」「意味不明」「無証明」「不十分」といった内容で構成されており、高級・天然100%・無農薬・有機栽培・無調整・無添加・団体推奨などの記載は単なる謳い文句にすぎず、アロマテラピーで確かなデータが欲しい場合にはどれにも根拠や意味が示されておりません。

 HECT(ケモタイプ精油)の誕生

精油を構成する成分とそのバランスは、生育環境によって変動する。というケモタイプ概念と精緻な採油ノウハウの結びつきによってHECT(ケモタイプ精油)が誕生しました。

精油の作用特性は、含有成分の種類とその割合によって決定される。という基本に立ってケモタイプ精油によるアロマテラピーが構成されます。

 全種類成分分析

このアロマテラピーを実現するためにHECT・プラナロム精油は、精油の1本1本に詳細な成分表を添付して提供され、その成分表によって精油選択の2大要件である、「用途に必要な成分と量」ならびに「用途によって有害とされる成分と量」を確認することができます。

さらに日本への輸入後に厚生省の指定機関で全ロット、全種類の検査分析を行い、輸送途中の環境や時間経過による成分の変化に対応した純粋表示の真正証明を行っています。

 FAIR PRICE(フェア・プライス)

FAIR PRICE(フェア・プライス)とは、正しい価値のある商品を、正しい価格で皆さまに(永続的に)お届けしたいという当社のコンセプト(願い)です。

プラナロムは皆さまに安心してご使用頂けるよう、蒸留植物を採油ロット毎にガス・液体クロマトグラフィーにかけ、さらにスペクトロメーターで質量まで分析しています。

さらに当社では商品が皆さまのお手元に届くまでの環境の変化を極力軽減させるため、クリーンな保管倉庫での温度や湿度、気圧等の管理を厳重に行なっています。

プラナロムの高い品質への評価は、このような気の遠くなる自然との関わりや厳密な分析作業と、目には見えない品質管理に支えられております。

こうした地道なコストの積み上げを公正に価格に反映させていただくため、当社では2012年8月1日より「FAIR PRICE」(正しい価値の商品を、正しい価格で)販売させていただくことになりました。

プラナロムをいつまでも安定して皆さまにお届けできるよう、ご理解とご賛同を心よりお願い申し上げます。

 あなたに最高のアロマを

プラナロム社は世界60カ所もの適地に自家農園などを持ち、栽培・採取・蒸留・分析・処方・研究のすべてを自社管理している、世界的にも類を見ない会社です。

あなたのアロマテラピーや香りの世界が深まるほどプラナロム精油に巡り合った幸福を、きっと感じられると思います。

実際に、プラナロムの香りに接するにつれて、今までご使用されてきた精油では一度も感じたことのない「シャープで透明感のある香り」を体験することができます。

今までの精油には、身体と心が「無意識の拒否反応」を示していたことに気付かれるでしょう。


image