イランイラン

Cananga odorata

香りと特徴
甘く強い花の香りで、ジャスミン調です。ややスパイス様で、バルサミックな花の感じです。高級香水用として重要で、特にオリエンタル調の調合に使います。興奮させる作用を持ち、鬱状態を解消させる働きがあります。不感症、セックス無力症などにも使用されます。
主要含有成分から見た作用推定
鎮静作用、抗痙攣作用のある化学成分を多く含むので、運動選手などのスポーツ前のウォーミングアップ用のマッサージオイルに使用するのに良い。また、アルコールの強壮刺激作用と、上述の鎮静作用の相乗作用により精神面で集中力を付け、精神を安定させる効果があると思われる。なお、芳香を持つので化粧品の香り付けに適しているが、抗菌作用のあるアルコールと抗炎症作用のあるエステルを含むので肌に良い作用を及ぼすと思われる。
ご注意!
フランスやベルギー等のEC諸国では医療の現場で精油を処方する場合がありますが、日本では精油は(雑貨)扱いで医薬品ではありません。また、薬事法によって薬品以外の商品に効能や効果を表示しもしくはそれを連想される表示をすることは禁じられています。

この(詳しい説明)のページでは、治療とは関係なく私的に使用する場合においても精油の種類や使用方法によっては危険をともなうため、必要最低限の知識として含有成分の主な作用などの基本的な情報を提供しております。

ケモタイプ精油といえども日本では薬品として認定を得たものではありませんから、上記の事項に充分に留意し様々な文献を調べたり確かな経験者や医師・薬剤師等専門家の意見もあわせて参考にしていただき、実践に伴う結果に就きましては総てその行為者ご本人の自己責任に帰するものである事を予めご了承下さい。
(掲載内容の出典、参考文献)
© 2011  PRANAROM.JP  L'aromatherapie
All rights reserverd.