フランキンセンス

Boswellia carterii

香りと特徴
バルサム調で、レモン、カンファーなどの混ざった感じの香りです。去痰作用と共に、免疫を刺激してバランスを回復させ強化させるのに用いられます。神経性の鬱状態に使用されます。
主要含有成分から見た作用推定
樹木の樹脂を水蒸気蒸留して得られる精油で、森林の空気に多く含まれる、ピネン、リモネン、などのモノテルペン炭化水素を主成分とする。体を浄化し喉の痛みを取る、といった森林浴効果を期待することが出来る。モノテルペン炭化水素の持つ鬱滞除去作用により、むくみ除去のためのマッサージオイルなどに加えることが出来る。エステでのマッサージオイルに使用されることが多い。モノテルペン炭化水素の持つ抗炎作用を利用して、関節炎、腱鞘炎などの治療用マッサージオイルに添加すると効果が高いと考えられる。α・β−ピネンには強壮作用があるので、精神的、肉体的な衰弱に用いられる。特に、精神面での効果を利用して使用する場合が多い。
ご注意!
フランスやベルギー等のEC諸国では医療の現場で精油を処方する場合がありますが、日本では精油は(雑貨)扱いで医薬品ではありません。また、薬事法によって薬品以外の商品に効能や効果を表示しもしくはそれを連想される表示をすることは禁じられています。

この(詳しい説明)のページでは、治療とは関係なく私的に使用する場合においても精油の種類や使用方法によっては危険をともなうため、必要最低限の知識として含有成分の主な作用などの基本的な情報を提供しております。

ケモタイプ精油といえども日本では薬品として認定を得たものではありませんから、上記の事項に充分に留意し様々な文献を調べたり確かな経験者や医師・薬剤師等専門家の意見もあわせて参考にしていただき、実践に伴う結果に就きましては総てその行為者ご本人の自己責任に帰するものである事を予めご了承下さい。
(掲載内容の出典、参考文献)
© 2011  PRANAROM.JP  L'aromatherapie
All rights reserverd.